ついやってしまいがち?目元のシワを作ってしまう普段のくせ
シワを作らない美容法!
ホームボタン
ついやってしまいがち?目元のシワを作ってしまう普段のくせ

ついやってしまいがち?目元のシワを作ってしまう普段のくせ

普段何気なく行っている行動を見直すことで、見た目年齢を老けさせて見せてしまう目元のシワを防ぐことができます。

日頃からシワを作らない生活習慣を送ることで、シワの原因を減らすことができます。

つい無意識にやってしまいがちな目元をこする動作ですが、これは目元のシワの大きな原因となります。

目元をこすると皮膚が引っ張られてしまい、何度も繰り返すことで皮膚が伸びます。すると、たるんだ部分がシワとなってしまうのです。

目元がかゆい場合は冷水で皮膚を冷やすとかゆみを解消することができます。目元はこする前にまずは冷やしてみましょう。

洗顔の後にタオルでこするのも同じ理由でシワの原因となります。目元を拭う場合は優しく押し当てるようにしましょう。

また、うつぶせで寝ると皮膚が変な方向によってしまい、それがくせとなりシワの原因となります。

寝相が悪い方やうつぶせで寝る癖がある方は睡眠環境を改善しましょう。

できる前に予防!口元のシワに効果的な毎日のケア

口元のシワはできてしまう前に予防することが大切です。毎日のケアで口元のシワを予防しましょう。

まず、毎日鏡で自分の顔をチェックしましょう。最初の段階では、シワは細かく目立たないものです。しかし、放置しておくことで、シワは徐々に太く深くなっていきます。

毎日自分の顔をしっかりと観察することで、シワが進行する前に対策をすることができます。

シワ対策として一番有効なのが毎日のスキンケアです。スキンケアに使うものは保湿成分にこだわりましょう。

保湿成分が入ったスキンケア用品を使うことで肌の水分を維持し、シワを防ぐことができます。

シワの大きな原因として、空気の乾燥があげられます。冬の乾燥だけでなく、夏場はクーラーなどで空気が乾燥してしまい、シワの原因になります。

自分の部屋に加湿器を置いたり、洗濯ものを室内に干すことで部屋の湿度を下げないようにしましょう。

仕事先などで空調調節ができない場合はマスクをするなど口元の乾燥を防ぎましょう。

ほうれい線対策で見た目年齢を若く見せる

ほうれい線は老け顔に見せてしまう原因です。シミやくすみとは違い、顔に深く刻まれたシワなのでメイクで隠すことも難しいものです。

ほうれい線ができてしまったら早急に対処しましょう。

ほうれい線は普段のくせでできてしまうことが多いです。頬杖や横向きに寝る、噛む時に片方だけで噛んでいるなど、普段のくせを見直すことでほうれい線を解消することができます。

また、普段のスキンケアを正しく行うことでほうれい線を解消することができます。シワを作り出す紫外線や乾燥を予防し、保湿やUVケアをしっかりと行いましょう。

食生活を見直すことも重要です。偏った食事をしている場合、肌のハリを作り出すビタミンCやコラーゲン、肌を作り出すタンパク質が不足している場合があります。

インスタントや脂物などを控え、野菜など身体に良い食事を心がけるようにしましょう。

▲ Page Top

Copyright (C) 2014 シワを作らない美容法! All Rights Reserved.