スキンケアで口周りのシワを予防しよう
シワを作らない美容法!
ホームボタン
スキンケアで口周りのシワを予防しよう

スキンケアで口周りのシワを予防しよう

口の周りの乾燥を放置しておくと、老け顔の原因でもある口元のシワになってしまいます。

口元は特に皮膚が薄いため乾燥しやすい部分です。毎日のケアをしっかりと行い、乾燥を防ぎましょう。

口元のケアは毎日のスキンケアと同時進行で行うことができます。

洗顔時は泡をきめ細かく泡立てて、指の腹で優しく洗い流しましょう。ゴシゴシ洗いは肌にダメージを与え、シワを作り出す原因となります。

洗顔でしっかりと汚れを落とした後は、化粧水で保水を行い、乳液や美容液で蓋をするように保湿をしましょう。

口元は顔全体のケアが終わった後、指先で優しくパッティングを行います。しっかりと浸透させるようなイメージで行いましょう。

冬場など特に乾燥が気になる場合は、定期的にパックなどで集中的にケアをすると効果的です。

たるみからくるシワを解消・防止する方法

加齢による肌の衰えの代表的なものがたるみです。肌がたるむとシワの原因となり、顔を老けて見せてしまいます。

年齢のことだからしょうがないと諦めてはシワを改善することはできません。毎日のケアでたるみを解消し、シワをなくしましょう。

たるみの原因となるのが、コラーゲンとエスラチンの減少、肌の筋力の低下です。この2つを改善することでたるみからくるシワをなくすことができます。

コラーゲンとエスラチンの減少は、紫外線から肌を守ることで防止することができます。紫外線は一年中降り注いでいるので、季節を問わずしっかりと紫外線対策をしましょう。

コラーゲンを作り出すビタミンC誘導体が入ったスキンケアを使うのも効果的です。

偏った食生活や寝不足でもコラーゲンとエスラチンは減少してしまうので、健康的な生活を心がけるのも重要です。

肌の筋力低下にはエクササイズが効果的です。

普段から意識して顔の筋肉を動かしたり、顔のマッサージをすることで筋力低下を防ぐことができます。

毎日続けることで筋力を増強し、肌のたるみを防止することができます。

ついやってしまいがち!間違えた目元ケア方法

目元は顔の中でも皮膚が薄い部分のため、間違えたケア方法をすることでシワの原因となってしまいます。

目元ケアを行う際は、正しい方法で行いましょう。

陥りがちな間違えた目元ケア方法として、マッサージがあげられます。

マッサージは美容に良いイメージがありますが、皮膚が薄い目元はマッサージをすることで皮膚が引っ張られてたるんでしまい、シワの原因となってしまいます。

また、マッサージは指と肌の間に摩擦が起こってしまいます。この摩擦が肌の表面にある角質層を傷付け、肌のハリを保つ水分やコラーゲンを奪ってしまいます。

アイメイクをしっかり落として素肌を保ちたいという方は多くいますが、強すぎるクレンジング剤は肌の保湿成分を洗い流してしまいます。

アイメイクを落とす際は添加物がなるべく含まれていない、肌に優しいクレンジング剤を使いましょう。

▲ Page Top

Copyright (C) 2014 シワを作らない美容法! All Rights Reserved.