シワを作るNG行動
シワを作らない美容法!
ホームボタン
シワを作るNG行動

普段何気なく行っている行動がシワを作ってしまう場合があります。

自分のくせを見直し、シワの原因を排除しましょう。

女性に多いのが頬杖をつく動きですが、頬杖は顔の皮膚を寄せてしまい肌に負担をかけます。

頬杖を付いている側の皮膚が不自然に伸ばされてしまい、顔をたるませシワの原因となります。

食事の際に片方だけで噛むくせがある方も要注意です。片方ばかりに負担をかけると口元が歪んでしまい、シワを作り出してしまいます。

ほうれい線の原因にもなるので、食事の際は両方の歯でよく噛んで食べるようにしましょう。

無表情でいる時に口がへの字になっている方はシワができやすい状態です。への字口は頬や目元の皮膚を下へ引っ張り、フェイスラインをたるませてしまいます。

また、見た目にも相手に良い印象を与えないので、普段から意識して口角を上げるようにしましょう。

シワ改善に美容クリニックは有効か?

シワ改善のために美容クリニックへ通う方は珍しくありません。しかし、美容クリニックに通うだけで本当にシワを改善することができるのでしょうか。

シワにはいくつか種類があります。そのうち、セルフでは治しにくいシワとして、真皮に刻まれてしまった深いシワがあります。

真皮は細胞が生まれ変わるまでの期間が長く、シワが治る前に新しいシワが刻まれてしまいます。そのため、深いシワは中々治すことができません。

そこで美容クリニックに通う方が出てくるのですが、美容クリニックでシワを完全に治せるという断言はできません。

シワの種類や進行具合、肌質、クリニックで使用する物など、様々な要因からシワが完全に治せるという保証はないのです。

しかし、美容クリニックではセルフでは手が届かない深層までケアができたり、最新機器で肌に効果的なケアをすることができるため、シワを治すことはできなくても薄くすることができる場合もあります。

絶対効果的がある手段とは言えませんが、有効手段の一つとして美容クリニックは多くの方に利用されているのです。

シワ対策マッサージで陥りやすい間違えたやり方

シワ対策のマッサージをしているのにシワができてしまったという方は、間違えたマッサージを行っている場合があります。

普段のケアが裏目に出てしまう前に、正しいマッサージ方法を知りきちんとしたシワ対策をしましょう。

シワ対策マッサージで間違えやすいのが、力を入れすぎたり乾燥した肌にマッサージを行うことです。

力を入れすぎたマッサージは皮膚を伸ばしてしまい、たるんだ皮膚がシワの原因となってしまいます。乾燥した肌へのマッサージも同様です。

シワ対策マッサージを行う場合、スキンケア用品を使用したり専用のクリームを使用して肌の滑りを良くし、優しく撫でるようにマッサージを行いましょう。

正しいマッサージを毎日すれば、セルフでもシワを解消することができます。

▲ Page Top

Copyright (C) 2014 シワを作らない美容法! All Rights Reserved.