シワを作らない美容法!
シワを作らない美容法!
ホームボタン

おでこのシワ対策マッサージ方法

おでこのシワは広範囲に渡りできてしまいます。

目立つ部分のシワのため、人目に付きやすく相手に老けた印象を与えてしまいます。

おでこのシワは毎日のマッサージをすることで改善が期待できます。

シワは伸びていた皮膚がたるむことでできるものです。このたるんだ皮膚を元に戻すことでシワを改善することができます。

まず、両眉のあたりの皮膚を指で押さえ、上に押し上げてみましょう。指の位置をどんどんと上に上げていくことで、シワを伸ばし皮膚のリフトアップができます。

眉間部分の皮膚を外側へ向かい優しく伸ばすのも効果的です。指の腹で力を入れすぎないようにマッサージをしましょう。

マッサージを行う際は、指と肌の摩擦をふせぐため、スキンケアをした後に行うと良いでしょう。専用のジェルやクリームを使うと効果的です。

シワのセルフチェック方法

シワは気付かないうちに進行しています。毎日のチェックでシワを予防し、早目の対策を行いましょう。

まず、自分の肌の状態を正しく確認しましょう。

シワができやすい状態として、顔がよく粉をふく、寝ている間に顔に付いた跡が時間が経っても消えない、洗顔後に顔がつっぱりやすい、メイクがよれやすい、毛穴が目立ってきているということがあげられます。

生活習慣も振り返ってみましょう。

ダイエットを何回も行っている、体重の増減が激しい、睡眠不足気味、喫煙している、ストレスを感じやすい、空調が効いた部屋に居る時間が長い、食事をする時間が不規則である、という方はシワができやすい状態です。

また、普段のスキンケアで、紫外線対策を行っていない、メイクを長時間している、かなり日焼けをしたことがある、洗顔時に力が入ってしまう方は改善する必要があります。

以上に当てはまる方はシワができやすいと言えます。

正しいケアをしてしっかりと対策をしましょう。

シワを作らないクレンジング剤の選び方

毎日の化粧をしっかりと落とすために必要なのがクレンジング剤ですが、クレンジング剤によっては首のシワを取る原因となる場合があります。

しっかりと化粧を落として清潔な肌を保つためには、正しいクレンジング剤選びが必要です。

クレンジング剤には界面活性剤という成分が多く含まれています。この界面活性剤がメイクをしっかり落とす役割を担っています。

しかし、界面活性剤は肌への刺激や洗浄力が強く、肌の角質層の水分や必要な皮脂まで洗い流してしまいます。これがシワの原因となるのです。

以上のことから、シワを作らないクレンジング剤を選ぶには、界面活性剤の含有量がなるべく少ない物を選ぶことが大切です。

また、肌ダメージの元となる添加物や化学製品がなるべく含まれていない、肌に優しいものを選ぶことも効果的です。

シワを作り出す寝相

シワの原因は意外なものがあります。その一つが寝相です。

寝相が悪いと身体に悪影響を与えるだけでなく、美容の大敵のシワを作り出してしまうのです。

寝相の一つにうつ伏せ寝がありますが、うつ伏せはシワを作り出す大きな原因となります。

うつ伏せは顔に重みがかかり、顔全体にシワが寄ってしまいます。この状態が長く続くとシワがくせになってしまい、消えないシワとなってしまうのです。

また、枕と肌が触れて摩擦が起こることで角質層が傷付き、ハリを保つ水分やコラーゲンが失われてしまうのもシワの原因となります。

普段うつ伏せで寝るくせがある方は意識して改善するようにしましょう。

同じ理由で横向きに寝るのも厳禁です。顔を圧迫してしまい、シワの原因となってしまいます。

普段無意識に行っている寝相ですが、何気ない寝方がシワの原因になっている場合があります。

シワを作らないためにも普段から寝像を意識して改善するようにしましょう。

▲ Page Top

Copyright (C) 2014 シワを作らない美容法! All Rights Reserved.